賢いアンテナの選び方

見た目もスマートにしたい。屋根の上以外でも設置できる?

地デジアンテナを設置する際に、一番気になるのは設置個所ではないでしょうか。テレビ画面が綺麗に映ることが大前提ではあるけれど、できれば家の外観を損なうような設置の仕方は避けたいという方は少なくありません。
地デジアンテナは一般的に住宅の屋根に設置されるものです。しかし最近のデザインを重視した住宅では、屋根の形が特殊で設置できないことがあります。そうした場合には、ベランダや壁面に設置する、屋根裏に設置する、という方法が取られることがあるのです。屋根の上に大きなアンテナを置くのは避けたいという方には、興味深い情報ではないでしょうか。特に屋根裏に設置できれば、見た目が非常にすっきりします。もちろんこの方法をとる場合、テレビが映らないのでは意味がないので、電波状況が良好であることが条件です。電波状況がかなり良い場合には、設置個所を選ばない置くだけのタイプを使うこともできます。

まずは電波状況から調べよう

地デジアンテナの設置個所にこだわりたい方は、まずはお住いの地域の電波状況を調べる必要があります。まずご近所の住宅に設置されているアンテナの形を見てください。電波状況が良好であれば、小さめのアンテナや、魚の骨のような形の平面アンテナが良く見かけられるでしょう。逆に電波状況があまり良くない場合は大きなアンテナが多く設置されているはずです。アンテナの大きさが良くわからないという方は、アンテナの販売・設置を行っている業者に最初から任せてしまうという方法もあります。この場合、調査を無料で行ってくれるかどうかを事前にしっかり確認しておきましょう。また、家の状況や設置個所の希望についてもあらかじめ詳しく伝えておけば、目的にあったアンテナや設置方法を提案してくれます。試しにアンテナを買ってみてお金を無駄にしてしまった、ということにならないよう、じっくりと検討して最適なアンテナと設置方法を見つけてください。