誰にもできるアンテナを設置する方法

アンテナの設置は向きが大事

アンテナの設置は屋根に上がることが出来れば誰でもが可能です。最初にアンテナのベースを設置し、アンテナを取り付けます。一番困難なのはアンテナの向きを合わせることです。家庭用のテレビにはアンテナ受信レベル確認用の機能が付いていますが、テレビを屋根に上げるのは一苦労です。そこで、一般的には「レベルチェッカー」という小型の装置を使用します。これは、ホームセンターなどで販売されていて価格も3千円程度と比較的リーズナブルになっています。使い方としてはアンテナの出力をレベルメーターに取り付け、メーターが突いていますので、アンテナの向きを少しずつ変えながらレベルが最大の所になるようにすれば大丈夫です。この手法は、地デジアンテナもBSアンテナも同じです。

アンテナの選び方について

屋外に取り付けるのであれば、地デジ放送用アンテナは一番オーソドックスなタイプである八木式アンテナを使用すると良いでしょう。電波の受信性能は一番優れている上、低価格で購入できます。BS、CSアンテナについては、屋外用であるとパラボラ型やオフセット型が一般的ですが、もし雪が降るような地域であればオフセット型が雪が積もりにくいためおすすめです。また、宅内で何台のテレビを使用するかも考慮しましょう。複数台のテレビを使用するのであれば、一つのアンテナではレベルが低すぎるため、ブースターを使用する必要があります。ブースターはアンテナの直後に付けるのが効果的になっていますので、屋根の上に付けることになります。