アンテナを設置するコツ

アンテナと一言にいっても種類があります

新しく引っ越してテレビのアンテナを設置しないといけないけれど、種類がいっぱいあってわからないという人も多いはずです。基本的には、業者などにおまかせでもいいのですが、自分でも種類を知っておくことで、よりお得に設置できる可能性も出てきます。まず、大まかな種類としては、従来型のアンテナとデザインアンテナの2種類に分けられます。従来型のアンテナは魚の骨のような形をしており、価格が安価に済むというメリットがあります。しかし、見た目は非常に目立つというデメリットもあります。そこで出てきたのがデザインアンテナです。板状の非常にスッキリしたデザインなのが特徴で見た目にも目立ちにくいというメリットがあります。しかし、その分、外に設置するには風の影響を受けやすいということがあります。どちらにしたいかを考えておくだけでも、工事をスムーズにすすめることができます。

アンテナは自分の家にあったものを選ぶことが大切です

自宅にアンテナを設置するとなったとき、選び方が非常に重要になってきます。まず、アンテナは自分の家にあったものを選ぶということです。自分の家が位置する場所の電波状況がどうなのかということです。強電界地域といって比較的、電波の発信元から近い地域にある場合には、比較的小さなアンテナでもきれいに受信できます。逆に弱電界地域の場合には素子数の多いアンテナを選ぶ必要があります。受信状況はインターネットなどで検索すると簡単に調べることができます。それを先に調べておくことで、性能的に最適なアンテナを選ぶことができます。逆に工事の際に、オーバースペックのアンテナをすすめられて購入してしまうリスクも下げることができます。